胃カメラ検査。極細の管によって負担が大幅に軽減。胃がんや食道がんの早期発見には胃カメラ検査が大切です。直径0.5mmという最少経の鼻から行える内視鏡検査によって患者さんの負担が少ない検査が可能になりました。

鼻から行う胃カメラ

胃カメラ(胃内視鏡検査)は、カメラをつかって直接胃の粘膜を見る方法です。エコーなど身体の外側から様子をみるのとは違い、どんな色をしているのか、健康な状態かどうかなどの小さい異常も発見でき、もしも気になる部分があったら細胞を取って検査したり、ポリープがあれば検査時にそのまま切除することもできるのが特徴です。検査時の苦しさで知られている胃カメラですが、様々なメリットがあるのも事実です。

太い管がのどの奥を通っている感覚は、かなりの苦痛で女性の方は特に辛いと思います。
私も経験者ですが、やはり辛いとは思います。
ただ、方法さえきちんと行えば苦しくなく検査ができるとも実感しています。

一度この苦しさを経験するとなかなか、また胃カメラを受けようとは思えない方も多いのが事実ですし、仕方がないことなのかなとも思います。
ただ、そのため数年後に胃カメラを受けた時には胃がんが見つかった、という例も少なくありません。

当クリニックでは、受けて良かったと思っていただける検査を行っています。
設備としても、直径5.0mmという最小径の鼻から行える4方向アングルの極細胃内視鏡を使用することにはじめ、これまでの経験を生かして苦痛を感じないように検査を行っていきます。

緊張したり怖いという気持ちが強く出る方の場合は、希望をお聞きして少量の痛み止めを注射して、無痛での検査を行うことも可能です。のどが麻痺したような状態になるので、検査後約1時間ものを飲んだり食事をしたりするのは控えて下さい。検査後は専用の回復室で体を休めていただいてます。

予約をとっておくとスムーズです

夜9時以降食事をしていない場合であれば、当日朝の予約で検査を行うことが可能です。

クリニックでは専用の内視鏡滅菌消毒装置を使用しており、予め血液検査で感染症などの病気をチェックせず常に検査ができる体制をとっております。

※事前のご予約も受付けております。

予約専用電話(8:00〜20:00)090-5494-7854
※胃カメラ検査は、日曜日もご予約不要でお受けいただけますが、検査件数に限りがあるので予め電話で確認して下さい。

胃カメラ検査の手順

胃カメラ検査の手順

実績

H27年 700件
H26年 450件

診療時間、アクセスの詳細はこちら

埼玉県三郷市 新三郷から徒歩3分のレッツ大腸肛門クリニックです。苦痛の少ない鼻からの胃カメラ検査(胃内視鏡検査)や炭酸ガスを使用した負担の少ない大腸内視鏡検査、カプセル内視鏡検査を行っております。